月島で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

月島とは


月島とその隣の佃を合わせたエリアは、太平洋戦争の戦災を免れたため、いまでも昭和の佇まいをみせる下町情緒にあふれる街並みが残っています。
佃一丁目の住吉神社の祭礼を中心とする地域のコミュニケーションが活発で、昔ながらの人情あふれるエリアといわれています。
なかでも、東京メトロ有楽町線月島駅から勝どき方面に延びる月島西仲通り商店街は「もんじゃストリート」と呼ばれ、80以上のもんじゃ焼き専門店が軒を連ねています。
全国からのツアー客も多く、昼時にはツアーバスから団体客が押し寄せ、休日には都内を中心に各地からの家族連れなどのお客で賑わいます。

このエリアが住宅地としての注目を集めるようになったのは、佃に超高層マンションが林立し、昔ながらの街並みと超高層ビル群のコントラスト、隅田川の水辺に浮かぶ摩天楼が何ともいえない味わいを漂わせるようになったことが大きいのではないでしょうか。
もともと、佃は江戸時代に徳川家康が大阪の佃村から漁民を呼び寄せて、この地に住まわせたことに始まります。
江戸時代末期には水戸藩によって石川島造船所が設置され、明治以降月島から勝どき、晴海の埋め立てが始まり、わが国の重工業化を担う工場地帯として発展してきました。その作業員などが月島・佃エリアに多く居住したところから人口が増え、商店街なども形成されるようになったのです。
その後、石川島造船所が廃止され、住宅・都市整備公団(現在の都市再生機構)などによって再開発が行われ、超高層マンション8棟などから成る「大川端リバーシティ21」が誕生します。一定の統一感のある概観、微妙に高さの異なるグラデーションが隅田川と調和、独特の景観が人気を呼び、各種のコマーシャルやトレンディドラマの舞台などに登場しました。特に永代橋方面からこのリバーシティを写し出した光景は有名です。

このリバーシティに続いて、周辺に次々と超高層マンションが建設され、月島駅前の大規模開発が行われたほか、月島西仲通り商店街でもいくつかの大規模開発案件が進められています。
2020年の東京オリンピック開催決定で、この建設ラッシュに拍車がかかるのではないかとみられ、地価も急上昇しています。2014年公示地価をみると、首都圏の住宅地のなかでも最も上昇したエリアのひとつです。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

月島エリアでよく見られている物件

月島ライフ お役立ち情報 TSUKISHIMA Life Useful Information

 月島エリアは超高層マンションなどの建設が続いて人口が増えているため、古くからある商店や商店街にも活気があり、特色のあるスーパーが少なくありません。東京メトロ有楽町線・都営大江戸線月島駅周辺には中堅スーパーが2店舗あり、月島西仲通り商店街のなかにもスーパーがあります。地元に長く住む人は、野菜はあの店、お肉はこの店などと品物によって使う店を変える人もいるそうです。また、佃のリバーシティには、大手スーパーのほか、高級食材が充実しているスーパーもあります。そのほか、大型商業施設が集積する銀座や豊洲に近いのもメリットでしょう。散歩がてら徒歩で買い物に出かける人も多いようです。各種クリニックなどのほか、リニューアルしたばかりの石川島記念病院、検診と透析専門の中央サマリア病院、隅田川の対岸には聖路加国際病院もあり医療施設が充実しています。隅田川沿いには日常の散歩などもうってつけの公園などが続いているので、住環境重視派に向いたエリアといえそうです。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

中央区の新規情報

          近隣のブランドエリア

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          中央区の売買物件特集から探す