渋谷で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

渋谷とは


有名百貨店やファッションビルが軒を連ねる渋谷は、バスケットボールストリート(センター街)や公園通り、道玄坂など多くの人たちで賑わう有名な通りも多く、最新の流行を楽しめるエネルギッシュな街です。
近年は、渋谷駅前を中心に大規模な再開発が行われており、新たな大規模複合施設の誕生などによって、日本の最新文化の発信地としての存在感をさらに高めていきそうです。

“若者の街”のイメージが強い渋谷ですが、渋谷駅から少し離れると高級住宅街と呼ばれるエリアや、大使館や外資系企業に勤務する外国人が多く住む地域など、閑静な住宅街が広がっています。
「東急百貨店本店」の西側にある高級住宅街と言われる松涛は、江戸時代に紀州徳川家の下屋敷があった場所でした。明治時代にはお茶の栽培がされ、東京の銘茶として人気があったそうです。松涛界隈には“美術館ルート”と呼ばれるコースがあり、レンガ敷きの歩道を歩き進めると、企画展が行われる「渋谷区立松涛美術館」や伊万里焼のコレクションで有名な「戸栗美術館」に行くことができ、大人の街の雰囲気を楽しめます。

渋谷は緑が多い地域でもあり、街路樹の美しい道や、「宮下公園」「美竹公園」をはじめとする樹木や花々が植えられた公園が点在しています。
東京都内で5番目の広さを誇る「代々木公園」は、自然公園とスポーツ競技施設を併せ持つ公園で、豊富な樹木や広大な芝地のほかに噴水や池などもあり、緑と水に触れられる憩いのエリアとなっています。都会の喧騒から離れ、自然を感じながらゆったりとした時間を過ごせる場所が身近にある点も、渋谷の魅力のひとつです。

渋谷は交通の便が良く、都内の移動はもちろん、近隣の神奈川県や埼玉県へのアクセスも便利です。
渋谷駅からは、山手線・埼京線・湘南新宿ラインのJR3路線、東急東横線・田園都市線・京王井の頭線の私鉄3路線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線の地下鉄3路線、合わせて9路線もの利用が可能です。また、路線バスも都営バスをはじめ京急、京王、小田急各社の路線が走り、各所への移動がスムーズにできます。

このように利便性の高さや、おしゃれな街の雰囲気もあって、渋谷はいつの時代も「住みたい場所」として人気の高いエリアです。
最先端の商業地と閑静な住宅街の2つの顔を持つ渋谷は、特に流行に敏感で、都心の利便性を重視するビジネスパーソンが暮らす割合が高く、渋谷のさらなる発展とともに注目度も高まりそうです。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

渋谷エリアでよく見られている物件

渋谷ライフ お役立ち情報 SHIBUYA Life Useful Information

 日本の文化の中心地としての役割を果たす渋谷には、バラエティー豊かな劇場や博物館、美術館が多く点在しています。渋谷を代表する文化的施設「Bunkamura」をはじめ、渋谷駅前の複合施設「ヒカリエ」内に新たに「東急シアターオーブ」と人形美術家・川本喜八郎氏の作品が並ぶ「川本喜八郎人形ギャラリー」が誕生するなど、芸術に触れる機会が身近にあるのも渋谷の良さのひとつです。また、「めがねの博物館」、「たばこと塩の博物館」電気についてのしくみがわかる「電力館」など、子供から大人まで楽しめる博物館もあり、人気を集めています。代々木公園に隣接した「NHKスタジオパーク」では、放送に関するさまざまな展示や体験施設が設けられ楽しめます。
 渋谷の街には、かつて川が流れていたことがわかる「春の小川歌碑」や、道玄坂の歴史を伝える「道玄坂道供養碑」、美人画で有名な画家「竹久夢二居住地跡」などの記念碑があり、記念碑を探しながら渋谷の歴史をたどるのもおもしろそうです。
 日常生活においては、渋谷の駅前から離れた住宅地にもスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどがそろい、不自由しない環境が整っています。渋谷区民が利用できる公共施設も多く、渋谷駅から徒歩5分の場所にある「渋谷区文化総合センター大和田」にはプラネタリウムのほか、伝統芸能から現代劇まで幅広いジャンルの公演が行われる舞台が併設され、区民の文化、教育の活動の場となっています。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

都心散歩 歴史を歩く、坂道めぐり~渋谷区編~ かつての情景を思い浮かべながら、いつもの坂道を歩いてみませんか?

渋谷区の新規情報

          近隣のブランドエリア

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          渋谷区の売買物件特集から探す