文豪が描いた街、登場人物が生きた時代 書籍に息づく、かつての情景にふれてみませんか?

Vol.2

代々木(泉鏡花「小春」)・広尾町(永井荷風「墓畔の梅」)

「最う代々木だと、市のものを珍しさうに、熱い茶一つ、と言はれたのを、上框で辞退して、すぐに練兵場の方へ向つたのである。/其処等で、四五人の往来に逢つた。づッと来る途中、人通りは、丘を越して、堤防を隔てて、視めるばかりで、まさしく行逢ひ、擦れ違ったのは殆ど少い。 明治44年 泉鏡花「小春」

代々木(よよぎ)

戦前、代々木といえば練兵場や明治神宮のある所として、全国的に有名でした。この地名の由来については、彦根藩主・井伊掃部頭の下屋敷にあったモミの老木に由来するという説などがあります。
代々木練兵場は、明治42年(1909)7月から使用されており、調馬場、体操場がありました。昭和39年(1964)10月の東京オリンピックで国立代々木競技場などが設けられています。

周辺の売り出し中の物件を見る

四谷塩町から青山霞町を過ぎて広尾に至る市内電車の初て開通したのは久しからざる以前の事で、其時分笄橋から、広尾の麓を過ぎて三の橋に至る小流の岸にはむかしながらの郊外らしい田園の風趣が残つてゐた。 昭和21年 永井荷風「墓畔の梅」

広尾町(ひろおまち)

麻布区広尾町は、現在の港区南麻布5丁目にあたります。もとは「平尾」と呼ばれた原でした。
電車が信濃町から天現寺〔多聞山・臨済宗〕前まで開通したのは明治39年3月。天現寺から中目黒までは大正13年11月に通じましたが、昭和44年に撤去されています。

周辺の売り出し中の物件を見る

文豪が描いた街、登場人物が生きた時代

渋谷区のブランドエリア

渋谷区で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸