文豪が描いた街、登場人物が生きた時代 書籍に息づく、かつての情景にふれてみませんか?

Vol.1

伊皿子(永井荷風「日和下駄」)・高輪(樋口一葉「うもれ木」)・青山南町(水上瀧太郎「青山の家」)

芝伊皿子台上の潮見坂も、天然の地形と距離との宜しきが為に品川の御台場依然として昔の名所絵に見る通り道行く人の鼻先に浮かべる有様…… 大正4年 永井荷風「日和下駄」

伊皿子(いさらご)

芝区伊皿子町は、伊皿子台と呼ばれる高台の町でした。
永井荷風の日和下駄に登場する「潮見坂」は、港区三田4丁目と高輪2丁目の境を東へ下り、途中ゆるく右折し、また直角に左折して第一京浜国道へと出る坂道を指し、現在は「伊皿子坂(港区編 「歴史を歩く、坂道めぐり」vol.4⑥)」と呼ばれています。
当時は品川の海が眼下に見え、江戸時代には江戸湾を一望に見渡せたそうです。現在はその旧観は失われています。

周辺の売り出し中の物件を見る

友なく弟子なく女房なく、お蝶とよぶ妹相手にして、此処高輪の如来寺前に、夕顔垣にからみ蚊やり火軒にけふる詫住居…… 明治25年 樋口一葉「うもれ木」

高輪(たかなわ)

高輪とは「高いあぜ道」を意味します。古くは芝の田町、車町、二本榎、伊皿子までを含むこの辺一帯の総称でしたが、明治5年以後、町名としては高輪北町(現・高輪2・3丁目)、高輪南町(現・高輪3・4丁目)、高輪西台町(現・高輪1丁目)、下高輪町(現・高輪3丁目)だけとなりました。
この地に所縁ある文豪には、吉井勇(歌人・脚本家/明治19年10月8日、高輪南町59番地に誕生)、樋口一葉(小説家/明治21年5月に一家で高輪北町19番地に移転)などがいます。

周辺の売り出し中の物件を見る

たまたま岡田三郎先生から、青山南町二丁目に住んで居るおしりあひの方が引越す事になつたから、その後にはいつてはどうだと云ふお話があつた。(略)青山一丁目と三丁目の電車停留所の恰度間にある細い道を、墓地の近く迄入つた静かなところで、垣根の中の庭も広く、春先の樹木の緑が明るく柔らかに輝いて居るのが、先づ心を引いた。 大正13年 水上瀧太郎「青山の家」

青山南町(あおやまみなみちょう)

青山は郡上藩主青山家の下屋敷のあった場所で、「青山南町」は1~6丁目まであり、現在の港区南青山1~5丁目にあたります。
南町4丁目は海抜32・7メートルで、旧市部では最も高燥の住宅地でした。

周辺の売り出し中の物件を見る

文豪が描いた街、登場人物が生きた時代

港区のブランドエリア

港区で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸