六本木で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

六本木とは


六本木という地名の由来には諸説あります。なかでも有力といわれるのが、江戸時代に六方庵と呼ばれるお屋敷があり、そこに六本の松の木があったためという説と、青木氏、上杉氏、片桐氏、朽木氏、高木氏、一柳氏の木の名前が付く大名六家が屋敷を構えていたためという説です。
さらに、江戸時代には江戸湾を行く舟からこの地の高台に六本の木が航海の目印になったという説もあるようです。

いずれにしても、この地がかつては大名屋敷の並ぶ、自然に恵まれた緑や高台の多いエリアであったことを伺わせます。現在でも、六本木一丁目、二丁目、四丁目、五丁目の高台エリアはかつて大名屋敷が続いていた佇まいを残す高級住宅地として知られています。

赤坂、青山、西麻布などと接する六本木。六本木交差点を中心にかつてはわが国を代表する繁華街として栄え、そしてバブル期には若者文化の発信地として発展してきました。
また、一丁目にはスペイン大使館、スウェーデン大使館、二丁目にはアメリカ大使館宿舎、五丁目にはフィリピン大使館、シンガポール大使館など多くの在日公館が立地していることもあって、外国人向けの高級賃貸住宅などがあり、国際色豊かな繁華街の顔も持っています。戦前の六本木は旧麻布区に属していたため、六本木にありながら麻布警察署のように麻布の名称が付いている公共施設が見うけられます。

その六本木が、六本木ヒルズや東京ミッドタウン(住居表示は赤坂)などのオープンにより、おとなの街に変わりつつあります。
単なるオフィスビルではなく、IT関連などの有力企業、外資系企業などが多数入居しているのはもとより、商業施設、シネマコンプレックス、美術館などの複合施設になっています。
同時に、東京メトロ日比谷線のみだった地下鉄も都営大江戸線六本木駅、東京メトロ南北線六本木一丁目駅が開設され、交通アクセスの改善が進みました。平日には会社員、OLなどの姿が増え、以前にはほとんど見ることがなかったベビーカーを押す若い母親のグループなども増えており、街の表情は大きく変化しています。
さらに、隣接する赤坂エリアの新国立美術館、ミッドタウンのサントリー美術館、森タワーの森美術館が芸術鑑賞の六本木アートトライアングルを形成、休日などには美術館巡りを楽しむシニアなどの姿も見受けられます。また、毎年六本木アートナイトが行われ、六本木を舞台に現代アートや、デザイン、映像などによる作品が街中に溢れます。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

六本木エリアでよく見られている物件

六本木ライフ お役立ち情報 ROPPONGI Life Useful Information

 東京メトロ日比谷線と都営大江戸線の六本木駅、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅など、各方面への交通アクセスに恵まれています。日比谷線なら銀座まで4駅ですし、都営バスを利用すれば、渋谷方面、新橋方面へのアクセスも可能です。銀座、日本橋、新宿方面などショッピングへのアクセスに恵まれています。大規模なスーパーはありませんが、六本木通りには高級食材や輸入食材などが豊富な店舗があり、六本木ヒルズにも2店舗比較的高級食材を扱うスーパーがあります。東京ミッドタウンにはプレッセプレミアムもあります。庶民的な買い物であれば、少し足を延ばして麻布十番の商店街に出かけるのがいいかもしれません。また、六本木三丁目にはディスカウントショップも出店しており、いろんな買い物を楽しめそうです。食事も和食から焼き肉、アメリカン料理などの有名店が揃っています。生活を飽きさせない刺激のあるエリアといっていいでしょう。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

都心散歩 歴史を歩く、坂道めぐり〜港区編〜 かつての情景を思い浮かべながら、いつもの坂道を歩いてみませんか?

港区の新規情報

          近隣のブランドエリア

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          港区の売買物件特集から探す