神楽坂で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

神楽坂とは


由緒ある寺院の多い神楽坂は、江戸時代から高級武士たちが武家屋敷を構える“高級住宅街”として知られる場所でした。
明治時代に花柳界がこの地で発展し、趣ある街並みが作られていった神楽坂は、現在も昔ながらの街並みはそのままに、伝統と現代的なものとがうまく組み合わさりながら、風情ある魅力的な街として発展を続けています。

神楽坂は商店街が充実した街でもあり、東京メトロ神楽坂駅からJR飯田橋駅へと続く「神楽坂通り」は、老舗の専門店とともに新規の飲食店や惣菜店、食材豊かなスーパーが並び、生活に便利な店が集まる落ち着いた雰囲気の商店街になっています。
商店街から一歩中に入ると、迷路のような路地裏が現れ、石畳や黒塀が美しい小道がいくつも伸びています。花街の面影が残る「かくれんぼ横丁」や武家屋敷跡の「本多横丁」などの路地には、老舗の料亭や隠れ家的なレストランが店を構え、神楽坂のグルメの街としての一面を垣間見られます。
また、神楽坂は尾崎紅葉や泉鏡花が暮らすなど多くの文豪たちに愛された街で、著名人ゆかりの店なども多く、歴史ある路地として有名な「兵庫横丁」には“ホン書き旅館”と呼ばれる著名作家たちが宿泊して名作を生み出してきた旅館が残されていて、文豪たちの足跡をたどることができます。

日本の伝統的な風景が色濃く残る神楽坂ですが、老舗の和食店とともにフレンチの名店が多く、日本に住むフランス人たちが好んで集まる場所としても知られています。
フランスのプチホテルを思わせる「アグネスホテル東京」などの建物があるエリアや、石畳の路地に洒落た洋館のレストランやカフェが佇む景色もまた、和の風情とフランス的な雰囲気がバランスよく合わさり、神楽坂の魅力を高めています。

神楽坂のエリアには、東京メトロ東西線「神楽坂駅」、都営大江戸線「牛込神楽坂駅」、JR「飯田橋駅」の3駅が徒歩で移動できる距離にあり、東京、大手町、銀座、新宿方面へのアクセスが便利です。
また、千葉県や埼玉県方面へも行きやすく、通勤、通学に便利な環境です。商店街や交通機関が充実していることもあり、その利便性の高さから、神楽坂は住みやすいエリアとして人気があり、多くの新しいマンションが誕生しています。最近では、都心に務めるビジネスパーソンのほかに、リタイア後に落ち着いた住環境での暮らしを求めるアクティブシニアの方たちからの関心も高く、注目が集まっています。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

神楽坂エリアでよく見られている物件

神楽坂ライフ お役立ち情報 KAGURAZAKA Life Useful Information

 古き良き伝統が今なお残る神楽坂エリアには、歴史や日本文化を感じられる場所が多くあります。神楽坂通りにある「毘沙門天善国寺」は、古くから江戸三毘沙門のひとつとして信仰を集め、現在も毘沙門天像の御開帳の日には多くの参拝客が訪れ、神楽坂のシンボル的場所になっています。「神楽坂若宮八幡宮」は“神楽坂”の地名の由来に関係している神社で、神社の神楽の音が坂まで聞こえて“神楽坂”と名付けられたという説があり、地元の人から愛されている神社です。「光照寺」は牛込城の本丸のあった場所に建てられた寺院で、神楽坂の歴史を知ることができます。日本文化や芸術に触れたい方にお勧めなのが、東京メトロ東西線神楽坂駅近くにある「矢来能楽堂」です。能の定期公演を行っているほか、能についての講座なども開かれ伝統文化を学ぶことができます。また、東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩1分の場所にある「音楽の友ホール」は音楽之友社が運営するコンサートホールで、クラッシク音楽の演奏会や音楽に関する様々な講座が行われています。迷路のように張りめぐらされた路地裏が有名な神楽坂ですが、「白銀公園」は路地裏街にありながら、周辺地域で一番広い敷地を持つ公園で、神楽坂に住む人たちの憩いの場所となっています。園内には子供用の遊具があるほか、イチョウやカエデ、サクラなどの樹木が植えられ、ベンチに座りながらのんびりとした時間を過ごすことができます。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

新宿区の新規情報

          近隣のブランドエリア

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          新宿区の売買物件特集から探す