本郷・白山で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

本郷・白山とは


文教地区としての色彩が強い文京区のなかでも、本郷・白山エリアがわが国を代表する文教地区であるのは誰もが認めるところでしょう。
本郷エリアは南で湯島と接していますが、江戸時代、その地に湯島聖堂が設置されました。幕府の子弟の多くがここで学び、明治以降の東京大学、東京教育大学(現在の筑波大学)、お茶の水女子大学の開設につながったといわれています。

湯島聖堂には「日本の学校教育発祥の地」という碑があり、わが国の近代化に大きく貢献した教育システムの原点がここにあるといっても過言ではありません。
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目駅を出ると、すぐ近くに東京大学の赤門が待ち受け、新刊や古書のお店などがあります。赤門は江戸時代の加賀百万石・前田家の上屋敷の御守御門がそのまま残ったもので、かつては国宝とされ、現在も国の重要文化財に指定されています。都心とは思えない広大なキャンパスには緑が豊富で安田講堂など歴史的な建造物が多いのが特徴的です。わが国の学術分野の頂点ともいうべきこの東京大学の周辺には出版社が多く、特に医学関連の出版社が多いことで知られています。東京大学の敷地内には附属病院があるほか、その北側の千駄木には先進医療で知られる日本医科大学とその附属病院があります。
またお茶の水駅前の順天堂大学医学部、東京医科歯科大学などの存在とあいまって、医学関連の出版社が多いのではないでしょうか。さらに、周辺には各種研究所などの関連施設、書店・古書店などもあり、文化の香りが色濃く漂うエリアとなっています。

白山には東洋大学があります。こちらは一時期郊外移転を進めたため、学生数が減少しましたが、バブル崩壊後多くの学部がこの地に戻り、玄関口になる都営地下鉄三田線白山駅周辺には商店が増加し、東洋大前通り商店会が結成されたほどです。
周辺の西片、向丘、本駒込、千石には一戸建てやマンションが混在する住宅地が広がっており、高台の人気が高く、西片、向丘などの高台には現在も閑静な住宅街が残されています。なかでも、西片は江戸時代に備後福山藩の阿部家が中屋敷を構えていましたが、明治から昭和にかけてその子孫が高級住宅地として開発し、いまでも人気住宅地となっています。もともとこのエリアには、夏目漱石、坪内逍遥、樋口一葉、正岡子規、宮沢賢治などの文人が居を構えていました。その旧居跡が史跡として残されていることも多く、そうした文化の香りが住宅地としての人気を高めている側面でもあるのではないでしょうか。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

本郷・白山エリアでよく見られている物件

本郷・白山ライフ お役立ち情報 HONGO / HAKUSAN Life Useful Information

 都心のなかでも、本郷・白山エリアは戦災の被害が比較的少なく、あちこちに古くからの街並みが残されています。大規模な商業施設がない分、路地裏などを散策してみれば、昔ながらの商店を発見できるのが嬉しいエリアです。その一方で、白山、本駒込には大手スーパーがありますし、都心型の小規模スーパーも増えています。本郷・白山エリアでは何といっても、東京大学の広大なキャンパス、白山にある小石川植物園など、緑豊かな施設が多いのが魅力です。東京大学の敷地を東に抜けるとそこには不忍池と上野の山が広がり、都心とは思えない風情があります。比較的最近の施設としては、本郷三丁目の日本サッカー協会のサッカーミュージアムが、まるでスタジアムにいるかのようにゲームを楽しむことができる、世界初の「ヴァーチャルスタジアム」などで人気を集めています。サッカー通りと名付けられた金花商店街には、魚屋、花屋、米屋、電気屋さんなど昔ながらの個人商店が並び、懐かしさを感じます。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

文京区の新規情報

          近隣のブランドエリア

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          文京区の売買物件特集から探す