中央区で物件を探す

買いたい
マンション
一戸建て
土地
投資用物件
借りたい
賃貸

中央区とは


東京23区のほぼ中央に位置し、面積は約10k㎡。23区のなかでは台東区に次いで小さな区ですが、その存在感は23区のなかでも有数の存在。
地形的には、江戸初期までは現在の日比谷通り辺りが海岸線だったといわれ、江戸時代から埋め立てなどによって居住地域広がってきたようです。比較的古い埋め立て地なので東日本大震災時にも一部を除いて液状化などの被害はほとんどありませんでした。

しかも、埋め立て地という特性から起伏が少なく、徒歩や自転車などでの移動もラクで、計画的に開発されたために、碁盤目状に道路が整備されているエリアが多いのも特徴です。

中央区の行政区分では、日本橋、京橋、月島の3地区から成ります。

日本橋は、江戸時代、五街道の起点とされ、江戸の経済・文化の中心地として発展してきました。三井越後屋などの大店が並び、現在も三越本店、高島屋などがあります。各地で大規模な再開発が展開され、地域の商店などを巻き込んだ日本橋再生事業も進められています。本石町には日本銀行本店があり、兜町には証券街が形成されているほか、薬品街、繊維街も活気ある街並みを形成しています。

京橋地区には八重洲、銀座、築地などが含まれます。
八重洲では再開発によって次々と大規模なオフィスビルが誕生し、東京駅を挟んだ千代田区の丸の内エリアと並ぶビジネスエリアとして発展しています。銀座は、明治期にわが国初の煉瓦街が建設され、柳並木、鉄道馬車が走るおしゃれな街に変身、戦後も松屋、三越、松阪屋(現在は建替え中)などの百貨店が軒を競い、歌舞伎座、新橋演舞場などの文化施設も多く、人々を引きつけてやみません。最近でも、銀座TS(旧東芝)ビル、松阪屋を中心とする銀座6丁目の再開発が進められており、ますます魅力のあるエリアに発展するものと期待されます。

月島地区は佃・月島・晴海などで超高層マンションの建設が進んでいます。
2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されることになり、その選手村が中央区晴海五丁目に建設されます。この選手村と臨海部に多数設置される競技施設、そして銀座などの都心部との交通アクセスの充実、各種環境整備が期待されることもあり、中央区への注目度がますます高まっています。高度成長期、バブル期に人口の流出が続きましたが、さまざまなレベルでの再開発が進んでいることもあり、最近では人口が増加に転じ、2007年に10万人を突破、現在では13万人を超えています。

※掲載の情報は平成26年5月現在のものです

中央区のブランドエリア一覧

  • 人形町
  • 日本橋
  • 銀座
  • 月島
  • 晴海

中央区の新規情報

          ご売却・賃貸査定のご相談は東急リバブルで!

          物件を売りたい
          無料売却査定
          物件を貸したい
          無料賃料査定

          中央区の売買物件特集から探す